設備概要Facilities

マクロからミクロまで、広範多岐なニーズに応えます。

東洋精工の大きな原動力(力点)となっているのが、人の創造力・技術力と、多様で高度なニーズに的確に即応していく各種機械、計器の設備です。完成した製品は、各種測定機器及び基準分銅などで、寸法及び精度の最終チェックを行い万全の状態で出荷する、その精密さと完成度の高さが私たちの大きな力点です。

設備全体

  • 敷地面積 3,268m2
  • 建設面積 1,633m2
  • 延べ面積 1,926m2
  • 建ぺい率 49.3%

機械棟

製缶棟

組立棟

機械設備

機種名 主要諸元 数量
NCラム型フライス盤 BN2-85(MAKINO) 1台
フライス盤 ME-50/3軸デジタル付 1台
門型複合プレーナー DP-150WS-4M 1400*4000*1200mm 1台
立型マシニングセンタ YZ-501 1台
NC横中ぐりフライス盤 BTD-110H.R16 テーブル1400mm×1600mm 1台
旋盤 10尺・8尺・MS-1000型 各1台
鋸切盤 GA-2 330(自動)、ST 3540 各1台
ラジアルボール盤 YR5-130、BR-1.75 各1台
ボール盤 2台
クリーンカッター CL-65 1台
天井走行クレーン 定格荷重 10t 1台
天井走行クレーン 定格荷重 5t 2台
天井クレーン 定格荷重 2.8t 1台
天井走行クレーン 定格荷重 4.8t 2台
製缶プレス 50tストローク600mm・100tストローク800mm 各1台
半自動溶接機 CP×SG-500 6台
TIG INVERTER ELECON 300P 2台

NC横中ぐりフライス盤 (BTD-110H.R16)

立型マシニングセンタ (YZ-501)

NCラム型フライス盤 (BN2-85)

門型複合プレイナー (DP-150WS-4M)

計量機製造修理設備

基準器 主要諸元 数量
マスコンパレーター ひょう量・1000kg 目量・5g(MC-1000K ※槓桿併用型電磁式) 1台
ひょう量・22kg 目量・50mg(MC-22KS ※音叉振動式) 1台
ひょう量・2100g 目量・5mg(MC-2100 ※音叉振動式) 1台
基準分銅 特級基準分銅 20kg(F1) 1個
一級基準分銅 20kg(F2) 1個
一級基準分銅 1mg~10kg(F2)29個 1組
実用基準分銅 一級実用基準分銅 20kg(F2’) 50個
二級実用基準分銅 20kg(M1’) 50個
二級実用基準分銅 1kg・2kg・5kg・10kg(M1’)
二級実用基準分銅 500kg(M1’) 10個
二級実用基準分銅 1000kg(M1’) 35個
圧力基準器 基準液柱型圧力計 圧力の範囲 0~200kPa
目量 0.5kPa
1台
基準重錘型圧力計 最大限界圧力 10MPa
最小限界圧力 0.1MPa
1台
基準重錘型圧力計 最大限界圧力 100MPa
最小限界圧力 5MPa
1台

マスコンパレーター
ひょう量・1000kg

特級基準分銅
20kg(F1)

二級実用基準分銅(500kg)

二級実用基準分銅(1,000kg)

メールでのお問い合わせはこちら